ジェネリックも購入可能|ペットに寄生した害虫たちを一斉駆除/アドボケートを購入するには
瓶からこぼれている錠剤

ジェネリックも購入可能

白色の錠剤

個人輸入代行は世界中の医薬品を豊富に取り扱っており、それらを通販感覚で簡単に注文・購入できるサービスです。
スマホからでも利用できるため、移動中などでも気になる医薬品を注文することができます。
先ほども言ったように、個人輸入代行を利用することで医療機関への通院が不要になり、それによって出費を節約することができるようになります。
しかし、個人輸入代行を利用すれば、さらに医薬品を安く購入できる場合もあるのです。

それがジェネリック医薬品の購入です。
医薬品には新薬とジェネリック医薬品があり、ジェネリック医薬品はその新薬を基にして開発された医薬品です。
含まれている成分は同じで、当然発揮する効果も新薬と同じになります。
医薬品を開発するためには15年ほど必要で、開発にかかる費用も莫大な金額です。
開発コストが大きいこともあり、どうしても販売価格を高めに設定しなければいけません。
しかし、ジェネリック医薬品の場合、すでに存在している新薬を参考にして開発されています。
開発にかかる年数は3年ほどと非常に短く、開発コストも大幅に削減できます。
新薬が利用されてきたことで成分の安全性が確認されているため、ジェネリック医薬品の開発も安心しておこなえるのです。
開発コストが小さいということは、販売価格を安く設定することも可能で、新薬とジェネリック医薬品の価格を比較すると雲泥の差です。
中には新薬の1/5ほどの価格で販売されているジェネリック医薬品もあるくらいです。

日本はあまりジェネリック医薬品を使用する風習がないため、他国に比べるとまだまだ浸透しておらず、日本で認可されていないジェネリック医薬品もたくさんあります。
そのため、医療機関であっても処方できないジェネリック医薬品はたくさんあります。
しかし、個人輸入代行なら海外で開発されているジェネリック医薬品も取り扱っており、問題なく購入できるのです。